京都の病院で発熱を伴う性器ヘルペスの治療

白い飲み薬

ヘルペスとはウイルスが原因で発症する感染症のことで、代表的なものに口唇になるものや性器ヘルペスなどがあります。
初発の性器ヘルペスに関しては、性器やお尻のあたりに水ぶくれができる病気で、皮膚のただれができはじめます。
初めて発症したときには、強い痛みであったり発熱を伴うことが考えられますが、再発の際には小さな水ぶくれやただれが起きるだけで、軽い症状になる特徴があります。
性器ヘルペスの症状としては、感染してから2日から11日程の潜伏期間を経て発症するものとなり、全身における倦怠感や発熱が起きます。
性器の近くに水ぶくれができた後に潰瘍となり、ひどい場合には排尿や歩行が困難になるほどの激しい痛みを伴います。

セックスなどの後に発熱がみられたときには、性器ヘルペスについて疑いを持つべきで、医療機関を受診することがおすすめとなります。
医療機関において治療しなかったときには3週間ほど治癒には期間がかかりますが、早期に治療を行うことで1週間ほどで完治させることが可能です。
潜伏期間中の症状に関しては、現代医学においても退治することができないものとなり、症状があらわれたときには抗ウイルス剤を使用することで治療できます。

京都には性病を専門的に診察している医療機関がありますし、泌尿器科を受診することでも治療が受けられます。
京都にお住まいの方で性器ヘルペスを発症してしまったときには、恥ずかしがることなく速やかに医療機関で治療を受けることが賢明です。
京都のクリニックでは、治療薬としてバルトレックスなどの処方が受けられます。
使用される治療薬には飲み薬と塗り薬の種類のものがあり、症状が出ている患部の場所や程度によって医師の判断で使い分けられることになります。

ヘルペスの治療にはバルトレックスが利用されるケースが多いですが、ヘルペスが再発するたびに病院まで行くのは手間だと思う人も少なくありません。
少しでも手間を減らしたいと考えている場合は、個人輸入代行サイトを利用して通販してみることをおすすめします。
通販なら自宅からでも簡単に購入することができますし、ヘルペスの治療を行っていることを他人に疑われる心配もありません。
また、バルトレックスジェネリックも通販できるので更に治療にかかるコストをおさえることも可能です。

関連記事